『生活』『子供』『結婚』にかかるお金!

お金に関する情報をこちらに集約していきたいと思います。

子供にかかる費用

『子供』に掛かるお金 幼稚園から大学まで

投稿日:

子供を産むだけでも、結構なお金が掛かることがわかりました。
しかしまだ終わりではありません。始まったばかりなのです。

出産後は、子供を教育しなければならないのです。
もちろん更なるお金がかかります。

では、具体的にどの程度費用が掛かるのでしょうか?

『幼稚園』『小学校』『中学校』『高校』『大学』と大まかに分けて5種類に分けられると思います。
それぞれに掛かるお金についてみていきましょう。

幼稚園に掛かるお金/学費

すべてに該当しますが、文部科学省調査の『学習費総額』は「学校教育費」「学校給食費」「学校外活動費」に分かれています。

下記の表は、年間の平均値を示したものです。

区分 公立幼稚園 
(年間平均値)
 私立幼稚園 
(年間平均値)
学校教育費120,738円331,378円
学校給食費19,014円30,880円
学校外活動費83,895円165,658円
学習費総額223,647円527,916円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

公立と私立の比較:約2.36倍です。


また、学年別の比較も調査結果として記述がありますので紹介しておきます。
こちらを参照すれば、3年間(3歳~5歳)の総額がわかります。

幼稚園 公立(平均値)  私立(平均値) 
3歳188,342円551,652円
4歳217,121円491,275円
5歳243,625円541,850円
学習費総額(3歳~5歳)649,088円1,584,777円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

3年間で比較しますと、私立は公立の約2.44倍です。

幼稚園(3歳から5歳まで)に掛かるお金は

公立:649,088円
私立:1,584,777円
差額:935,689円

小学校に掛かるお金/学費

次に小学校の6年間を見ていきましょう。
学習期間の中で最も長い時間を過ごす場所です。義務教育とはいえそれなりに費用が掛かります。

では早速年間の『学習総費用』を紹介します。

区分公立小学校
(平均値)
私立小学校
(平均値)
学校教育費63,102円904,164円
学校給食費43,728円47,638円
学校外活動費214,451円646,889円
学習費総額(年間)321,281円1,598,691円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

学習塾や習い事など学校外でかかる費用(学校外活動費)が大きいようですね。
公立と私立の比較:約4.98倍

同じく、学年ごとの『学習総費用』を見ていきます。

小学校公立(平均値)私立(平均値)
第1学年350,860円1,892,002円
第2学年263,310円1,366,148円
第3学年292,950円1,415,910円
第4学年309,617円1,497,087円
第5学年339,132円1,630,684円
第6学年370,940円1,790,314円
学習費総額(6年間)1,926,809円9,592,145円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

6年間で比較しますと、私立は公立の約4.98倍です。

小学校(6年間)に掛かるお金は

公立:1,926,809
私立:9,592,145
差額:7,665,336円

中学校に掛かるお金/学費

中学校3年間を見ていきます。
中学校というと本格的に部活動が始まり、体を作っていく期間でもありますね。
義務教育最後の3年間でもあります。

それではいくら掛かるのかを紹介していきましょう!

区分公立中学校
(平均値)
私立中学校
(平均値)
学校教育費138,961円1,071,438円
給食費42,945円3,731円
学校外活動費306,491円331,264円
学習費総額(年間)488,397円1,406,433円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

公立と私立の比較:約2.88倍です。

同じく、学年ごとの『学習総費用』を見ていきます。

中学校 公立(平均値)  私立(平均値) 
第1学年456,5821,624,661
第2学年436,1831,230,122
第3学年569,3481,362,389
学習費総額(3年間)1,462,1134,217,172
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

3年間で比較しますと、私立は公立の約2.88倍です。

中学校(3年間)に掛かるお金は

公立:1,462,113
私立:4,217,172
差額:2,755,059円

高校に掛かるお金/学費

高校になると、私立に行く方も多くなってきますね。
私立を狙っていく方も多い一方、私立にしか入れない人も続出。

区分公立高校
(平均値)
私立高校
(平均値)
学校教育費280,487円719,051円
給食費
学校外活動費176,893円250,860円
学習費総額(年間)457,380円969,911円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

公立と私立の比較:約2.12倍です。
給食費がないので、小学校、中学校に比べて価格は抑えられているように見えますね。

実際には、家庭からの出費として昼食費は必要ですので注意が必要です。

同じく、学年ごとの『学習総費用』を見ていきます。

高校 公立(平均値)  私立(平均値) 
第1学年507,980円1,160,016円
第2学年460,470円893,127円
第3学年403,622円851,087円
学習費総額(3年間)1,372,072円2,904,230円
出典:文部科学省『子供の学習費調査-結果の概要(平成30年度)』

3年間で比較しますと、私立は公立の約2.12倍です。

高校(3年間)に掛かるお金は

公立:1,372,072
私立:2,904,230
差額:1,532,158円

大学に掛かるお金/学費

区分国公立私立文系私立理系
入学費71.4万円86.6万円84.5万円
在学費107万円157.6万円184.3万円
(4年間在学費)428万円630.4万円737.2万円
出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査」(2020年度)

国公立大学へ入学した場合は、入学しなかった学校(私立大学等)への納付金(11.3万円)の負担が大きくなっています。

大学に関しては、私立大学へ進学する方も多いと思います。
出費がかさみますね。

遠方への入学には仕送りが必要!

さらに忘れてはいけないのは、遠方への入学です。
つまり、一人暮らしにおける出費(仕送り)が必要になってきます。

仕送り額は、年間平均102.3万円(月額8.5万円)となっているようです。

また、仕送りだけでは引越しができません。
アパートの敷金や家財道具の購入費などは、1人当たり平均39.1万円となっています。

幼稚園から大学までの『費用合計』

公立と私立で金額に大幅な差があるため、分けて合計する必要があります。
今までに紹介した、費用を「公立」と「私立」でまとめてみましょう。
※わかりやすいように費用は、切上げしています。

幼稚園 小学校 中学校高校大学合計
公立65万円193万円147万円138万円428万円970万円
私立155万円960万円422万円291万円738万円2,568万円
※大学は「私立理系」で計算しています。

全て公立で、約970万円
全て私立だと、約2,568万円となりました。

子供の学習には、これだけの費用がかかるのです。
是非、公立の学校に行ってもらいたいものです。

-子供にかかる費用

執筆者:

関連記事

『出産』に掛かるお金

子供というのは産む前からお金が掛かります。子供は欲しいけれども、経済的に問題はないか?しっかり養育できるのか?と不安を訴えるカップルは後を絶ちません。その不安は、主にお金だと思います。国や自治体からの …