『生活』『子供』『結婚』にかかるお金!

お金に関する情報をこちらに集約していきたいと思います。

生活費

『お風呂』に掛かるお金

投稿日:

お風呂にまつわるお金のはなしです。
一人暮らしの『お風呂』とは、基本的にシャワーだけというのが多いと思います。

欧米などもシャワーのみという文化もあるようですね。


私の場合は、

平日:朝と夜にシャワー
休日:お風呂に浸かる

といった具合です。

ココで主に使用するのが「洗顔料」「シャンプー」「コンディショナー」「ボディソープ」ですね。

一体いくら掛かっているのでしょうか?

『お風呂』に掛かるお金

先ずは、それぞれの価格を固定させて計算の条件とします。
様々な種類の製品が出ているのでピンキリですが、

総務省統計局から「小売物価統計調査年報 2019年」が出ていますので、そちらを参考にします。

洗顔料
洗顔フォーム,チューブ入り(130g入り),「ビオレ スキンケア洗顔料」

シャンプー
詰め替え用,袋入り(340mL入り),「メリット シャンプー」

ヘアコンディショナー
詰め替え用,袋入り(340mL入り),「メリット コンディショナー」

ボディーソープ
詰め替え用,袋入り(340mL入り),「ビオレu」

都市別に価格が出ていますので、今回は『東京都区部』2019年平均価格を参照します。

項目  容量    価格  
洗顔料130g385円
シャンプー340mL315円
ヘアコンディショナー340mL315円
ボディーソープ340mL268円
総務省統計局:小売物価統計調査年報 2019年



では、1回の『洗顔料』『シャンプー』『コンディショナー』『ボディーソープ』にどれくらいの量を使用するのでしょうか?


先ずは『洗顔料』から見ていきましょう。
調べてみると1回に1g~3gが平均的との事。

ここでは、間をとって2gとして計算します。



シャンプーなどのボトルについては
特殊なものを除いて、ワンプッシュで3mlと言われています。

『シャンプー』『コンディショナー』に関しては、髪の長さによって使用量が異なると思います。

目安としては、

ショートヘア → 1プッシュ
ミディアムヘア → 2プッシュ
ロングヘア → 3プッシュ
となります。

ここでは2プッシュとして計算します。


『ボディーソープ』も私の経験値で2プッシュとして計算します。


ここで、一つお知らせです。

ご存じの方も多いと思いますが、友人が知らなかったので、皆さんにも知って頂きたいと思います。

詰替え用の方が高い!

ということです。

値段的には詰替え用の方が安いでしょう。
しかし、詰替え用は、容量が少ないのです。
上手に価格設定されていますね。

もちろん、環境に配慮するのであれば、詰替え用を選択すべきと思います。
価格重視の方は、ボトルで購入した方が安く済みます。


少し逸れましたが、続きを!

これまでの話をまとめると、

項目  1回  
使用量
1日使用量
(朝・夜)
洗顔料2g4g
シャンプー6mL12mL
ヘアコンディショナー6mL12mL
ボディーソープ6mL12mL

これで一日の使用量が計算できました。


続いて、それぞれの洗剤がどれくらい持つのか?を確認していきます。

容量日数
洗顔料130g32.5日分
シャンプー340mL28.4日分
ヘアコンディショナー340mL28.4日分
ボディーソープ340mL28.4日分

それぞれ約一ヶ月もつようですね。
(朝だけ、若しくは夜だけという方は、2か月持つ計算です。)

これを5歳から85歳までの80年間続けるとしましょう。
80年とは、960ヶ月です。

価格と日数を掛けてみますと75年間使用した場合に掛かるお金がわかります。

項目価格
(1ヶ月)
価格
(80年間)
洗顔料385円369,600円
シャンプー315円302,400円
ヘアコンディショナー315円302,400円
ボディーソープ268円257,280円

80年間というのは、長いですが上記のようなお金が掛かっています。

全て合計すると、1,231,680円です。
ちりも積もればなんとやらですね。

いつも気にせずに使用しているシャンプーなども一生分となると膨大です。
少しでも量を減らせれば節約になりますので考えてみてはいかがでしょうか?

-生活費

執筆者:

関連記事

『生活費』『収入』『貯金』について考えよう。

一番身近である、生活費についてです。毎月必ずかかる費用となります。条件によっても異なると思いますのでまずは一例をご紹介します。 生活費について どのような費用が掛かるでしょうか?計算するにあたって、項 …